• 工芸
  • Liaison
  • 経歴

    札幌育ち。
    テレビディレクター、その後、芸能事務所スタッフとして勤務。
    その2つの仕事を通じて感じた札幌や北海道の魅力を伝える仕事がしたいと、札幌軟石の加工を独学で始め、
    装身具の加工を始める。

    2019.5  
    札幌軟石アクセサリー Liaison での活動開始。
    イベント出店・ネットショップでの販売・ワークショップで活動

    [主な出展event]
    @Marche / 小樽芸術村 旧三井銀行小樽支店(小樽)
    北海道厳選集 / 誠品生活(台湾)
    表現すること 応えること 6人の作家たち アクセサリーマルシェ / 広島蔦屋書店(広島)
    水曜どうでしょう祭2019 / ばんけいスキー場(札幌)
    SIX IN THE MORNING 特別出店 / 札幌ステラプレイス(札幌)
    マルシェドゥグルニエ / 創世スクエア(札幌)
    北から暮らしの工芸祭 / 創世スクエア(札幌)
    つながる市 / 無印良品 札幌パルコ店
    装いとしつらえ / 丸井今井札幌本店
    白と黒 / 丸井今井札幌本店
    つながりマルシェ/幕別町
    gift/丸井今井札幌本店

    [掲載雑誌]
    スロウ / スロウセレクション
    ホクレン 冊子GREEN NO.309

  • コメント

    札幌軟石は4万年前、支笏湖ができるきっかけとなった爆発で流れ出た火砕流が冷えて固まったもの。
    現在採掘している会社は1社です。
    開拓の時、木造の建物で暖を取り、火災が多かった札幌。
    そこで、火に強く断熱性もあり加工しやすい札幌軟石で建物を作ることで火災も減り、札幌の街が開拓されていきました。
    今でもその建物は残っているものもあります。

    今の札幌があるのは札幌軟石の存在は欠かせません。
    その歴史ある石の魅力を、作品を通じて知ってもらい、札幌に観光に来た時、
    札幌軟石の建物や内装、ちょっとした場所に使われている軟石を発見してもらったりと、
    札幌観光の魅力の1つに加えてもらえたら…という思いで製作しています。

    大切な貴重な資源でもあるので、ただ捨てられてしまうような札幌軟石の端材を使って雑貨も作っています。

    北海道遺産にも登録された、札幌でしか採れない貴重な石を残していきたいので、これからも【つながる】という意味を持つリエゾン、作家のリエと北海道のエゾが入っているこの名前で、北海道から沢山の方と繋がれたら、
    そして、身近に札幌軟石を感じて貰えるように活動していきたいです。

  • 仕事の依頼: 不可