プロジェクト概要

「南区=アートのまち」プロジェクトとは

南区は、石山緑地や札幌芸術の森、デザイン系学部を擁する2つの大学など芸術・文化に関わる多くの施設があり、また雄大な自然も含めて「芸術区」と呼ぶにふさわしい美しい区であり、多くのアーティストが南区に住居やアトリエを構え創作活動を行っています。
南区では「アート」を地域資源と捉えており、アートを通じた心豊かで魅力あるまちづくりに取り組むため、2020年から「南区=アートのまち」プロジェクトを立ち上げ活動しています。

基本方針

様々なアーティストにプロジェクトに参画してもらい、地域の活性化につなげる。
南区は石山緑地や芸術の森美術館など芸術・文化的な施設が多いだけでなく、豊かな自然も含めて、市内で最も「芸術区」と呼ぶにふさわしい地域である。
アートを通じて南区の魅力をさらに高めるとともに、積極的に外部に発信することで認知度を上げ、区の活性化につなげたい。
地域の人たちにとってアートが身近なものとなり、生活が豊かに感じられる。
地域の人たちが気軽にアートを楽しみ、体験し、交流することで、心豊かに暮ら せる地域づくりにつなげたい。
アートプロジェクトの企画運営を通じて若者が地域でいきいきと活躍できる。
区内に芸術系の専攻学科を有する2大学(札幌市立大学、東海大学札幌キャンパス)があり、これまで南区のまちづくりに 協力いただいている。
アーティストの作品制作活動や作品展示の補助、アートイベントの運営管理等に 積極的に若者に関わっていただきたい。

各委員 プロフィール

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
実行委員長
國松 明日香
彫刻家・星槎道都大学客員教授
札幌駅前通りや札幌ドームなど、札幌市内の公共施設に多くの作品が展示されており、
北海道を代表する彫刻家。
主な受賞経歴
1973ー第1回C.C.A.C. ワールドプリントコンペティションにて最優秀賞受賞(サンフランシスコ)
1987ーイメージ・響-北海道の美術’87にてグランプリ受賞(北海道立近代美術館)
1989ーはまなす国体シンボルモニュメント「捷」にて第4回本郷新賞受賞
1993ー札幌市民文化奨励賞受賞
2003ーあいの里教育大駅前の彫刻「MUSE」にて「日本の鉄道-パブリックアート大賞」優秀賞受賞
2008ー北海道文化奨励賞受賞
2009ー紺綬褒章受章
実行委員
  • 小原 恵
    札幌軟石でアクセサリー雑貨を扱う
    「軟石や」代表。
  • 坂本 真惟
    札幌芸術の森美術館
    学芸員
  • 芝木 謙子
    Pacific Music Festival
    組織委員会
  • 須之内元洋
    札幌市立大学 デザイン学部講師
    文化資源のデジタルアーカイヴ・デザイン手法
    フィールド・レコーディング音を対象とした
    音響特徴量の開発を手掛ける
  • 早川渉
    東海大学札幌キャンパス
    国際文化学部 教授・映像制作者
    1999年カンヌ映画祭に正式出品。
    各国の国際映画祭においても多数の受賞歴があり、
    国内外の高い評価を得ている。
  • 吉村卓也
    元東海大学札幌キャンパス
    国際文化学部 教授
  • 副委員長
    大平英人
    札幌市南区長
  • 川本明
    札幌市南区役所
    市民部長

南区の紹介

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□